2016年7月6日水曜日

Safety Tip



[この送信者は不正検出チェックに合格しませんでした。なりすましの可能性があります。] のメッセージが、メールの画面上部に表示されるようになりましたので、記述します。
 
これは、[Safety Tip (安全のヒント) ] 機能によるメッセージの表示です。
 
[Safety Tip (安全のヒント) ] につきましては、受信したメールに対して Exchange Online Protection (EOP) のスパムフィルターでスパム判定を行った上で、迷惑メールフォルダーに振り分ける動作に加え、不審な電子メールに対する警告や、安全なメッセージであるというメッセージを付与する機能です。
また、メッセージに Safety Tip が含まれる場合は、安全性レベル [Suspicious (不審) / Unknown (不明)/ Trusted (信頼できる)/Safe (安全) ] に応じて 4 色に色分けされ、メッセージ上部のバーに表示されます。
 
残念ながら、現在、この機能は無効にできないようです。


2016年7月3日日曜日

スパムフィルターのスパム判定を回避する




スパムメールの判定を回避して受信する方法を記述します。
 
Exchange Online では、外部から受信したメールは [スパムフィルター] によってスパム判定され、メールの内容や送信元などの情報を総合的に評価した結果として SCL (Spam Confidence Level) という値をメールに付与します。
 
付与された SCL の値が [5] 、[6] の場合は、[スパム フィルター] の [スパム] のアクションが動作し、[9] の場合は [制度の高いスパム] のアクションが動作します。
 
スパム判定の回避方法につきましては、[トランスポートルール] をご利用いただくことにより、指定した送信元のドメインから配信されたメールの SCL の値を -1 とする [スパムフィルター対策をバイパスする] ルールを作成することで、[スパムフィルター] のスパム判定を回避しメールを受信することが可能です。
以下に設定手順をご案内いたしますので、お試しくださいますようお願い申し上げます。
 
■トランスポートルールにてスパムフィルターを回避してメールを受信するルールの作成手順
 
1. 管理者ユーザーにて、Exchange 管理センター (https://outlook.office365.com/ecp/) にアクセスします。
2. 画面左の [メールフロー] から、画面中央の [ルール] が表示されていることを確認します。
3. [+(追加)] アイコン、 [スパム対策フィルターをバイパスする] の順に選択します。
4. ルールに名前を付けます。
5. [このルールを適用する条件...] をクリックし、[送信者] > [ドメインが次の値である] を選択します。
6. [ドメインの指定] にて、送信元ドメインを入力後、[+] > [OK] の順でクリックします。
7. [保存] をクリックします。
 
なお、メールアドレスや IP アドレスを条件とすることもできます。




 

 

2016年7月1日金曜日

ホワイトリスト、受信拒否リスト



迷惑メールのオプションの受信拒否リストと信頼できる差出人と宛先のリストについて記述します。

Powershell を利用することでリストを確認し、追加または削除ができます。

以下にコマンドレットを記述します。

■全ユーザーの受信拒否リストを確認
Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Get-MailboxJunkEmailConfiguration | select Identity,BlockedSendersAndDomains

■全ユーザーの信頼できる差出人と宛先のリストを確認
Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Get-MailboxJunkEmailConfiguration | select Identity,TrustedSendersAndDomains

■受信拒否リストに追加するコマンドレット
Set-MailboxJunkEmailConfiguration -Identity <メールアドレス> -BlockedSendersAndDomains @{Add="<追加するメールアドレス>"}

■受信拒否リストから削除するコマンドレット
Set-MailboxJunkEmailConfiguration -Identity <メールアドレス> -BlockedSendersAndDomains @{Remove="<削除するメールアドレス>"}

■信頼できる差出人と宛先のリストにアドレスを追加するコマンド
Set-MailboxJunkEmailConfiguration -Identity <メールアドレス> -TrustedSendersAndDomains @{Add = "<追加するメールアドレス>"}

■信頼できる差出人と宛先のリストにアドレスを追加するコマンド
Set-MailboxJunkEmailConfiguration -Identity <メールアドレス> -TrustedSendersAndDomains @{Remove = "<追加するメールアドレス>"}
※追加するメールアドレスにドメインを指定することもできます。