2016年6月16日木曜日

Powershell自動ログイン

Office365 の Powershell にてアカウント情報を毎回、入力せずに自動ログインする方法を記述します。
 
<ps1 ファイルを作成する手順>
1. メモ帳を開いていただき、以下のコマンドレットをテキストで入力してください。
 
<構文>
$Livecred = ConvertTo-SecureString "パスワード" -AsPlainText -force | %{ New-Object System.Management.Automation.PSCredential("ユーザーID",$_)} | % {Get-credential $_}
$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $LiveCred -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session -AllowClobber
Connect-MsolService -Credential $LiveCred
 
<実行例>
$Livecred = ConvertTo-SecureString "123456" -AsPlainText -force | %{ New-Object System.Management.Automation.PSCredential("test@contoso.com",$_)} | % {Get-credential $_}
$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $LiveCred -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session -AllowClobber
Connect-MsolService -Credential $LiveCred
 
2. [ファイル] をクリックし、[名前を付けて保存] をクリックしてください。
3. [ファイル名] は任意の文字を入力し、拡張子を [.ps1] で入力します。
例:O365.ps1
4. [ファイルの種類] は [すべてのファイル] に変更します。
5. 保存場所を選択し、[保存] をクリックします。
例:C ドライブ配下の Temp フォルダに保存
 
 
<Powershell による実行手順>
1. [Windows PowerShell] アイコンを右クリックして、[管理者として実行 (A)] をクリックします。
2. ファイル名を入力します。
例:Temp フォルダに保存した場合:\temp\o365.ps1

0 件のコメント:

コメントを投稿