2016年6月22日水曜日

AQS検索




検索キーワードの指定方法について、AQS 検索 (高度クエリ検索) を使用することで、より詳細な検索条件を指定することができます。
 
 
■ AQS (高度な検索) について
AQS を使用するには、検索ウィンドウにキーワード、コロン、検索する単語の順に入力します。
例として、"Example" という分類に属するアイテムを検索するには、[Category:"Example"] と入力します。
 
---------------------------------
□AQS で利用できる条件
---------------------------------
From : [差出人] 行を検索します。
To : [宛先] 行を検索します。
Cc : [CC] 行を検索します。
Bcc : [BCC] 行を検索します。
Participants : [宛先] 行、[CC] 行、および [BCC] 行を検索します。
Subject : 件名を検索します。
Body (Content) : 本文を検索します。
Sent : 送信日を検索します。特定の日付または 2 つのドット (..) で分割した日付の範囲を検索できます。
Size : >1000 ※ 左の表記で 1000 byte 以上のメールアイテムを抽出します
 
次のような相対的な日付を検索することもできます。今日、明日、昨日、今週、来月、先週、過去 1 カ月。特定の年の特定の週または、月の特定の日を検索できます。
※ 日付検索は、月 / 日 / 年の形式 (MM/DD/YYYY) で入力する必要があります。
Received : 受信日を検索します。[送信日時] と同じ検索用語を使用できます。
Attachment : 指定した添付ファイルを検索します。たとえば、[attachment:letter.doc] と入力すると、[letter.doc] という名前の添付ファイルが検索されます。
Has : [has:flag] と入力すると、フラグが付いているアイテムを検索できます。
 
検索期間の入力例は以下の通りです。
RECEIVED:2016/01/01..2016/01/10
受信した日付の範囲を指定して検索します。
 
RECEIVED:<2016/01/01 (特定の日付以前を検索する場合、指定日は含まれる)
RECEIVED:>2016/01/01 (特定の日付以降を検索する場合、指定日は含まれない)
特定の日付以前または以降に受信したメールを検索します。
 
上記のキーワードに加え、AND および OR などの論理演算子を組み合わせる事により、詳細な検索も可能となります。
例として、差出人が User かつ 2016 年 1 月 1 日 以降に受信したメールアイテムのみ対象を検索するには、From : User AND RECEIVED:>2016/01/01 と入力する事で検索が可能となります。
なお、AND および OR などの論理演算子がキーワードではなく演算子として扱われるようにするには、大文字で入力する必要があります。





0 件のコメント:

コメントを投稿